海藻の種苗培養

配偶子体と胞子体のバイオリアクター

 

 

海藻の種苗供給の安定化や品質管理の向上は非常に重要です。

ほとんどの海藻養殖の現場において、種苗は天然の藻体に依存しています。安定的な確保や、望ましい特性の制御するのは容易ではありません。予測困難で、養殖の展開の遅れや、収量の低下を引き起こされることがあります。問題があったときには、複数年にわたって生産者の収益に影響を与える可能性があります。

確実な種苗供給

一貫した生産でなければ、市場の需要に応え、海苔養殖業者が安定した収入を維持することが困難です。信頼性の高い種苗供給により、海藻養殖は長期的に持続可能になります。

Industrial Plankton社の海藻バイオリアクターは、天然の藻体を収集する必要性を軽減しながら、必要なときに高品質の海藻種苗を確実に生産するための培養手段を提供します。

研究開発の加速

海藻バイオリアクター (SBR) は、温度、pH、光などの重要な培養パラメーターを簡単に制御します。データのグラフ表示機能により、リアルタイムで情報を把握し、成長を最適化するための意思決定ができます。モジュール式システムにより、研究者は制御された条件で海藻種苗を培養できるため、海藻養殖の最適化の発見が加速されます。また、これらのシステムは、研究者が品種選択、選択育種、交雑などの遺伝子的改良のための条件を最適化するのに役立ちます。

海藻種苗の品質向上がもたらすこと

  • 収量:  発芽と成長の成功率が上がり、収量の増加が見込めます。商業的な養殖には高収量が不可欠です。
  • 品質:  高い栄養含有量、良好な食感、風味などの望ましい特性を備えた高品質の海藻の生産につながります。
  • 耐性、回復力:  病気や環境要因に対する耐性が高くなり、損失を軽減しながら全体的な生産性を向上させます。

 

 

Industrial Plankton社

海藻バイオリアクター

SBR

海藻バイオリアクター

 

お気軽にご相談ください