PBR1250L

微細藻類フォトバイオリアクター

 

 

使用方法

icon-innoculate

接種

スターター藻類培養物 (20L)の接種が簡単。生物的安全性を保ちながら接続、切断する仕組みです。
icon-scale

スケールアップ

7 ~ 10 日間かけて接種から培養をスケールアップします。密度などを設定しておけば、自動で水と栄養素を追加していきます。
icon-harvest

収穫

連続または半連続モードで、一度の接種で、数か月間自動的に収集できます。いつでもバッチ全体を収穫することもできます。
icon-clean

クリーン

培養の株を変更するときは、自動洗浄機能 CIPを実行し、洗浄および滅菌します。数時間後、リアクターに再接種する準備が整います。

連続生産量と濃度

 

200L~500L/日の収穫量

 

種別濃度 (100 万細胞 / ml)

25 タラシオシラ・シュードナナ Thalassiosira pseudonana 

20 イソクリシス sp.  Isochrysis sp.

130 ナンノクロロプシス sp.   Nannochloropsis sp.

4 テトラセルミス sp.  Tetraselmis sp.

23  ケトセレス・ムレリ  Chaetoceros muelleri

重量による(無灰乾燥重量)

藻類乾燥重量100 ~ 250g / 日 (水に懸濁)

密度0.3g/L ~1.2g/L

バッチ生産の密度

バッチ培養の濃度は通常、連続培養の濃度を超えます

培養に適した藻類種

 

ケトセロス・カルシトランス    Chaetoceros calcitrans

ヘマトコッカス・プルビアリス Haematococcus pluvialis

スピルリナ sp.  Spirulina sp.

クラミドモナス属  Chlamydomonas sp.

クロレラsp.  Chlorella sp.

生産量は株と接種材料の品質によって異なる場合があります

技術的な案内

6~16週間の連続培養

7~10日間のスケールアップ用の20L接種剤

1.5 時間/週の労働

右の仕様は予告なく変更される場合があります

仕様

作業量

1200L

最大消費電力(スプレー洗浄)

4,170W

平均 定常状態の消費電力

3,160W

作業スペース(長さ×幅×高さ)

3.05メートル × 2.44メートル × 2.79メートル

出入り口の隙間(幅×高さ)

1.51メートル × 2.02メートル

動作重量

2,130 kg 

仕様は予告なく変更される場合があります

英語のみ(日本語版作成中)

お気軽にご相談ください